傷んだスレート瓦屋根は塗装できるのか?

傷んだスレート瓦屋根の修繕方法をご紹介いたします。

こんにちは、小口です。コロニアル、カラーベストなどと言われるスレート瓦屋根。今回は、傷みが激しい場合の最適な工事方法についてご紹介せていただきますね♪

屋根材にひび割れや欠けが多い場合

屋根材にこのようにひび割れが多い場合があります。

屋根の修繕で、最も手軽でコストも安く済むのは塗装です。

しかし、このような状態の屋根を塗装するのはお勧めはできません。

それでも、多くのお施主様から「塗装してくれればいいよ。」と言われることもありますが、あまり持たずに割れてきてしまう可能性も高いのです。

そして何より、雨漏りが心配ですよね。

では、どのような方法があるのか?下記ではその方法をご紹介していきます。

金属製の新しい屋根材を重ね葺きする という方法

現在のスレート瓦の上に、軽い金属屋根を重ね葺き(カバー工法)するという方法です。

もともとのスレート瓦の上に、防水のための粘着式ルーフィングを貼ります。これで、もともとの屋根材にひび割れがあっても雨漏りの心配がなく安心です。

そして完成した状態がこちら。屋根材自体が新しくなるので、新築のとき以上になりますね♪

傷みが激しいスレート瓦でも、ひび割れを埋めたりして塗装することはできます。しかし、すぐに痛みが進行し、せっかくお金をかけて行なった塗装工事が無駄になってしまうこともあるのです。私たち工事店が、そのお家の数年後も想像し、工事工法の検討、選択をしてご提案することが大切だと考えています。
材料の知識や新しい工法、自分の専門分野以外の工事をいかに知っているか?も重要な要素なのです。

アイビーリフォームでは常に最適なプランでご提案いたします!

お客様がどれくらい長持ちさせたいのかや、コストパフォーマンスとの折り合い、そして、私たちアイビーリフォームの専門的な知見のすべてを持って

お客様に最もご満足いただけるプランをご提案させて頂きます。

塗装ができない屋根の工事では、このようなプランがもっとも多く選ばれています♪

同じように、屋根が傷んでお悩みの方は、私たちアイビーリフォームにお気軽にご相談くださいね。

今すぐお電話をする