こんな仕事をしてはいけない!




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。







建築業、
リフォーム業は、
廃材や残材などの
ゴミが多く出ます。




材料を梱包している
段ボールなども
多くあるので、




段ボールは
紙の資源ゴミとして、
定期的に近くの古紙リサイクル業者に
持ち込んでいます。





以前、
屋根カバー工法(重ね葺き)の
作業中のことですが、



不要になる棟板金を撤去してみると、



なんと、
新築の時に残した
ゴミが・・・



板金をカットして、
いらなくなったものを
きちんと捨てずに、




屋根の棟板金に隠れるところに
置き去りにしたようです。





築20年ほど経つお家の工事
だったので、
20年ほど前の
ゴミです。





屋根の上
というのは初めてでしたが、





実は、
新築作業のときのゴミが、
意図的に残されていることは、
よくあるのです。






床下や
天井裏
が、多いですね。






建築資材の
残材などのゴミも
困ったものですが、




今回の屋根工事のときに
見つけたのは、
それだけではありませんでした。





なんと、、、





タバコの吸殻まで・・・





屋根の上で
作業をしながら、
吸っていたのでしょう。





屋根の上で
作業中に吸っていること自体
論外ですが、

灰皿を持っていなくて、
屋根の中に
捨てること自体
考えられないことです。




第一、
火事にでもなったら、
大変なことになります。





最低限の
モラルは守ってほしいですね。






自分たちは、
こんな仕事はしませんが、





大きなくくりでは、
建築業という
同業者。




同業者として、
恥ずかしいですね。






こんないい加減な工事をするなら、
安心して、工事を任せられないと
思われても仕方ないと思います。




業界全体としても、
変わっていかなければいけませんね。

今すぐお電話をする