厚木市長谷T様邸 屋根塗装 バルコニー補修工事

BEFORE  - 塗装前 -

本日より着工しました。
まず足場を組んで行きます。
屋根はセメント瓦でした。
玄関のドア部分の塗装も
行っていきます。
 
セメント屋根瓦には、
コケが生えてしまっていました。
ここを洗浄していきます。
 屋根塗装に合わせて
バルコニーの手すりも
解体していきます。

塗装中

セメント屋根瓦を水洗浄して、
コケを落としていきます。
コケが落ちてすっかり白くなりました。
屋根部分の下塗りを行っていきます。
バルコニーの手すりを解体してみると
笠木の下には防水シートがなく、
下地の木は腐っていました。
解体すればするほど、
悪いところが見つかり
モルタルの手すりは
すべて撤去しました。
塗装工事開始前は、簡単な補修で
済ませたいとの意向でした。
ですがちょっとした補修では
どうにもならない状態でした。

そして手すりを全て撤去し、
床だけの状態にしました。

いろいろ検討した結果、
同じ仕様にせずに屋根にして、
アルミ手すりを取付ける事に
なりました。
屋根の下地を組んで、
防水シートまで貼りました。
屋根を葺き、その他の工事をして
完成間近です。
足場を解体して、このあとバルコニーに
手すりを付けていきます。

AFTER   - 塗装後 -

屋根塗装もばっちり仕上がりました。
塗装前とは別の屋根のようです。
バルコニーの手すりも設置が
完了しました。
ドア部分の塗装も完了し、
新品のようになりました。

毎日、扉を開け閉めするのも
気持ち良いですね。

すべての工事が終了し、
家全体が明るくなりました。

担当した小口より

追加工事のバルコニーから屋根に変更する工事がお盆を挟んだこともあり、工事が延びていました。
ですが今回、バルコニーの壁をご相談頂けたことで
T様の安全面でも確かなお約束ができたことがよかったです。
長い間ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


今すぐお電話をする