伊勢原市高森Kさま邸 外壁塗装 屋根リフォーム

ご提案内容

今回の工事、もともと、屋根は塗装で検討されていました。

しかし、屋根を調査してみると、屋根材の劣化はとても進行しており、縁切りの不良により、本来確保しているべき隙間も確保できていないため、屋根は塗装ではなく、屋根材を新しくすることをご提案しました。

屋根・外壁塗装 リフォーム施工前

初日、足場を組みました。軒天などの木部が激しいですね。

屋根塗装 施工前 ⇒ 施工中

2日目、屋根と外壁の高圧洗浄を行ないました。
屋根は、カバー工法で新しい屋根材をかぶせてしまうのですが、高圧洗浄を先に行わないと、カビ、コケが封じ込められてしまいます。
そこで、屋根工事の前に高圧洗浄を行ないました。



3日目には、既存屋根の板金部分などを撤去して、アスファルトルーフィング(アスファルトを使用した防水シート)を敷きこんでいきます。風が強かったので、作業も大変でした。


ルーフィング(防水シート)を張った後、板金の金物を取り付けます。
その後、いよいよ新しい屋根材を葺いてゆきます。

軒天張替えの作業 施工前 ⇒ 施工中

以前、雨漏りをしたことが
あるということで、軒天を中心に、
木部がだいぶ痛んでいました。
雨漏りの原因のひとつに、
屋根塗装後の
縁切り不良がありました。
軒天を解体してみると、やはり釘穴から
水が浸入した痕がありました。
現在は、雨漏りはしていないので、
軒天を新しく張り替えていきます。
雨漏りの原因のひとつに、
屋根塗装後の縁切り不良が
ありました。

破風の板金巻き 施工前 ⇒ 施工中

外壁塗装工事 施工前 ⇒ 施工中


軒天張替え、カバー工法による屋根リフォームが終ると、塗装工事の開始。 まずは、壁全体、ベランダ、手すりに養生です。

工事を進めていると…


ちょっとあやしいところがあったので、柱をむき出しにしてみると…まるで丸太のようです。

「水の浸入」は、侮れません。
元は、このような柱だったのですが。

昨日解体した柱の入れ替え及び補強です。
長い年月とともに、痛んでくるところはありますが、やはり、私たち人間の体と同じように、定期的な健康診断や治療は必要ですね。
気になっている方も、気になっていない方も、
定期的に、お家の診断をすることをお勧めします。

外壁塗装、屋根リフォーム 柱の補強・補修 施工後の様子

担当者からのひとこと

今回の工事は、カバー工法による屋根工事と、外壁塗装です。
軒天などの木部が激しく、心配したお隣さんが工事を勧めたことで、今回、工事をすることになりました。
以前、以前アイビーリフォームで工事をしたお隣様から、「とってもいい業者さんよ。」と言って、紹介してくださったそうです。
今回のように、屋根の下地がしっかりしていれば、カバー工法で屋根工事を行なうことができます。
この場合、古い屋根の上にカバーするため、解体のゴミも少ないので、環境にも優しいし、お財布にも優しいリフォームができます。
屋根工事をご検討の方には、カバー工法お勧めします。
是非ご相談下さい。
今すぐお電話をする