平塚市真田K様邸 カバー工法による屋根リフォーム

BEFORE  - 施工前 -

「激しい雨の時に、雨漏りをしている
ようなのですが・・・」とのご連絡を
いただきました。
屋根の上に上ってみると、カラーベストが
割れていたり、縁切り不足だったりと
雨漏りの原因らしきものが見つかりました。
天井裏を見てみると雨染みがありました。雨染みは、1ヶ所だけではありませんでした。 

施工中

屋根材を葺いてゆき、最後に
換気棟と棟板金の取付けです。
下地は、樹脂です。
カバー工法の屋根工事をしていくので
棟板金などを撤去していきます。
この後、ルーフィングを敷いていきます。

AFTER     − 施工後 −

とても綺麗になりました。これで雨漏りの心配もありません。

担当者からのひとこと

今回、K様邸の屋根補修には、環境・建物・コストに
やさしいカバー工法という工法で補修を行いました。
カバー工法とは、既存の屋根を撤去せず、その上に新しい屋根材を被せる工法の事です。
今すぐお電話をする