サンルームの修繕方法を大公開!




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。




今日は久しぶりに
朝から良いお天気でしたね。



気温も上がると、
体調も崩しやすいので、




外仕事の職人は
特に体調管理に
気を配らなければいけません。



貴重な晴れの日を
お客さまのためにも
有効活用したいですね。




しかし、
せっかくの晴天の日に
頭痛で1人欠勤。


違った意味で、
私も
頭痛いです・・・








今日は1日晴れでしたが、
ここのところの雨の日に、






お洗濯ものを干すのにも
有効活用できるのが、
サンルーム。




後から取り付けることもできるので、
外壁塗装をするお家でも、
サンルームを設置しているお宅も多いです。




今回、
外壁塗り替えを行なったお家も
後付けのサンルームがありました。



サンルームはこちら ↓

こちらのお家は、ベランダの下にサンルームを設置してありました



サンルームの中から、
お家の方を見ると、

外壁が見えます
外壁の下に見えるのは、雨戸と戸袋


外壁も
雨戸や戸袋も
見えます。




サンルームを取り付ける前は、
この場所は外だったので、
外壁が見えて当然なのですが。




今回は、
外壁塗り替えが終わり
足場を解体した後に、




サンルームのパネルを
1枚交換しました。



交換前の写真がこちら ↓

赤線で囲った部分のパネルを交換します



室内側から見ると、
このようになっています。

下の方は傷んでボロボロに・・・
ずり落ちて上にはスキマが・・・

水がまわって、
パネルの下の方が
傷んでしまったのです。


表面はつるっとしたパネルですが、
中身は、
木材のチップを固めた
パーチクルボードのような
素材だったため、

水がまわって、
下の方が腐ってしまったのですね。


そのため、
ずるっと
下の方にずり落ちてしまい、


上の方が開いていました。





同じような素材では、
また水が浸入した場合、
同じように傷んでしまうので、



今回は、
ポリカーボネートのパネルに
交換しました。

外側から



室内側から


仕上りも
きれいですね。





ビフォーアフターはこちらです。

ビフォー(交換前)
アフター(交換後)




10年に一度の
外壁塗り替え。



せっかくなので、
お家全体を
しっかりと見直して、



傷んだところはしっかりと
直したいですね。



気になっていることがあれば、
外壁塗り替え前に、
業者さんに伝えるのはもちろんですが、



しっかりと
点検をしてもらうことが大切です。




お家のことで、
気になること、
お困りのことがありましたら、




アイビーリフォームまで、
お気軽にご相談くださいね。





今すぐお電話をする