スレート瓦が割れていた時のメンテナンス方法は?(厚木市妻田東の屋根工事)

外壁塗装と屋根カバー工法(重ね葺き)を行ないます。

こんにちは、小口です。外壁塗装を行なっていた厚木市妻田東で外壁塗装工事を行なっています。

スレート瓦(コロニアル)の屋根も塗装の予定でしたが、屋根カバー工法(重ね葺き)に変更です。

足場を組んで、工事開始

現地調査の際にも、数か所のひび割れがありましたが、

足場を組んでから、急こう配の屋根をくまなくチェックしてみると、屋根にはひび割れだけではなく、割れてずれている箇所も確認できました。

割れた屋根が多い時はどのようなメンテナンスができるのか?

屋根のひび割れは、専用の接着剤で接着することができます。しかし、割れが多い屋根の場合、塗装工事で屋根の上を歩くだけでも、さらに割れてしまう、ということが多くあります。

長い目で考えると、接着剤で補修するという方法は適さないことがわかります。そのため、今回は屋根の重ね葺き(カバー工法)を行ないます。

今回は、まずは外壁塗装を行なった後、屋根工事をはじめます。

外壁も塗装前とはガラッとイメージが変わりました。

これから屋根工事を始めていくので、完成が楽しみですね。

アイビーリフォームでは常に最適なプランでご提案いたします!

お客様がどれくらい長持ちさせたいのかや、コストパフォーマンスとの折り合い、そして、私たちアイビーリフォームの専門的な知見のすべてを持って

お客様に最もご満足いただけるプランをご提案させて頂きます。

外壁や屋根のことでお悩みの方は、私たちアイビーリフォームにお気軽にご相談くださいね。

今すぐお電話をする