外壁塗装のときには、その他のことも気にかけてみる!




いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表
一級塗装技能士の小口(おぐち)です。




4月1日。
新年度の初日ですね。

新年度の最初は、
いろんなことが
変わるタイミングだったりしますが、

今年の4月1日は、
18歳が成人になる日なんですね。


ふと、
自分の18歳のときを
思い出しました。


厚木に出てきたばかりで、
4月1日の今日は、
入学式でした。


もう30年以上も経つんですね。





お家も
建てて30年も経つと、
今回が2度めの塗装、
3度めの塗装
という方も多いです。


最近の塗料は、
良い塗料が増えてきて、


20年とか
30年持つ
と言われているものもあります。



しかし、


外壁塗装のときに、
忘れてはいけないのが、
外壁以外のところ。


今回は、
雨どいのことを
お話しようと思います。


雨どいは、
樹脂製の物が多いですが、
雨どいにも
寿命はあります。


だいたい25年前後と
言われているので、

もし、
お家を建てて30年。

一度も雨どいを
交換したことがない


ということなら、
今回の外壁塗装で、


雨どいの
交換も
検討したほうがいいかもしれません。



雨どいが劣化して、
こんなふうに
割れていることも
あります。




ここまで
完全に割れていれば、
下から見てもわかりますが、



細いひび割れなどは、
足場を組んでみないと
発見できない場合もあります。



雨どいの交換や
補修は、
外壁塗装を始める前に、
検討することが良いと思いますが、

工事が始まってからでも
対応可能なので、
相談してみることをお勧めします。


10年に一度の外壁塗装。
この機会に、
外壁以外のことも
気にかけてみるといいですね。














今すぐお電話をする