外壁塗装をするときに、意外と知られていないこと




いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表
一級塗装技能士の小口(おぐち)です。



外壁塗装
と、
一口に言いますが、



塗装するところは、
外壁以外にも
さまざまな箇所があります。



外壁は、
文字通り

ですが、




そのほかに、
破風(はふ)

鼻隠し




雨樋




雨戸戸袋


シャッターBOXなど。



そして、
軒天(のきてん)などもあります。

軒天(のきてん)とは、
こちらの天井です。
軒天井(のきてんじょう)などとも
言われますね。








そして、
軒天には、
通気のために、
穴の空いた軒天
を使用している所もあります。







穴の空いた軒天ではなく、
このような換気口
取り付けてある場合もあります。







そして、
今回はこの軒天換気口
が、
テーマです!



この軒天換気口
最近では、
金属製のものが多いですが、
鉄製だと、
錆びていることが多いのです。




このように
錆びているときは、
塗装をしても、
すぐに錆が出てくることがあるので、
注意が必要です。





対策として、
赤錆
黒錆
転換する転換材

を塗ってから、
塗装をするという方法があります。






この方法だと、
赤錆の進行を防ぐことができるのです。


赤錆とは、
鉄が錆びて
ボロボロになっているのを
目にすることがあると思いますが、
その状態のことです。

下の写真は、鉄製のベランダ手すりが錆びてボロボロになっている状態



それを
黒錆に転換することで、
錆の進行を抑えるというわけです。


赤錆は、鉄そのものを腐食させ、
ボロボロにしてしまう性質があり

黒錆は、
鉄の表面にできる酸化膜
のことで、
表面に黒錆ができると
赤錆の発生を抑えることができる
ため、

赤錆黒錆
転換する塗料
があるのです。



そのような処理をしたら、
あとは塗装をすればOKです。




そして
もう一つの方法は、
軒天換気口
の取り替え。

交換ですね。



錆びた軒天換気口
取り外し、
新しい軒天換気口
取り付けるのです。



このとき、
素材のチェックは欠かせません。

鉄製だと、
やはり錆びてきてしまう可能性が高いので、


錆びにくいステンレス製を
選ぶのが良いでしょう。



古い軒天換気口を取り外して、
新しい軒天換気口を取り付ける際に
注意することとして、
下地
があります。





新築時は、
いろんな職種の職人さんが
入るので、
下地が取り付けられていないのに、
そのまま取り付けてしまう。

と、いうこともあるので、
交換する際には、
下地の確認が必要です。



下準備が終わったら、
新しい軒天換気口
取り付けます。






一部分でも
交換することで
出来栄えが違います。






せっかく
外壁塗装で
綺麗になるので、




交換が必要なものは交換し、
長持ちするお家にしたいですよね。





塗装以外でも
気になることは
お気軽にお尋ねください。







今すぐお電話をする