大切なお家を長持ちさせるには?

いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表
一級塗装技能士の小口(おぐち)です。



作業車が車検から帰ってきました。



先月は
別の作業車の定期点検があり、
来週もまた別の車の定期点検。



車検も
定期点検も
結構お金かかるんですよね~。



でも、
車検は絶対やらないといけないので、
誰もが時期が来たら車検に出します。



車検に通らないとなったら、
タイヤも買い替えます。
発煙筒も買い替えます。



定期点検でも、
「この部品交換したほうがいいですよ~。」
「こうしたら長持ちしますよ~。」
と言われたら、
けっこう交換してしまいます。



やっぱり、
車には安心して乗れるように、
安全を買っているのだと思います。



実は、
家もそうだと思うのです。



車と違って、
車検や定期点検など、
義務付けられたものはありません。



しかし、
定期的にメンテナンスをしているお家と、
そうでないお家とでは、
持ちが違います。
耐久性が変わってくるのです。



つまりは、
お家に安心して長く住める期間が
違うということです。



外壁や屋根は10年に一度塗装する。
という認識がありますが、
お家の建っている場所や

使われている外壁の素材、
屋根の素材
によって、
違いがあります。



そのまま塗装をすれば持つ壁材や屋根材、
交換をしたほうが良い壁材や屋根材など、
さまざまです。



例えば、
塗装ができない壁材というと、
こんな状態の壁。

窯業系サイディングと言われる壁材です。




一見、コケを水洗いして、
ボコボコしている穴をパテで補修したら、
塗装できるのではないか?
と、思いますが、
それではすぐに同じようになってしまいます。





サイディングボードに水が浸透して、
水分を含んでいる状態になっています。



簡単なイメージで言うと、
水を吸ったダンボールが乾燥したような状態に
なっているのです。



一度水を吸ったダンボールって、
乾いても、
もとのダンボールのような
強度はないですよね。



そして屋根は、

こんなヒビが入っていたり、

こんなふうに、崩れるようにかけていたら、
塗装はしないほうがいいサインです。



こうなっていた場合の
塗装以外の提案については、
また別の機会にご紹介しますね。



やはり、
車と同じように、
お家も定期点検をして、
長持ちするメンテナンスの方法を
専門家に提案してもらうことが良いと思います。



外壁塗装、屋根工事の専門的なご相談は、
アイビーリフォームの代表・一級建築塗装技能士で、
2級建築施工管理技士の小口(おぐち)まで、
お気軽にご連絡くださいね。

今すぐお電話をする