屋根の瓦が割れていたら どうする?




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。



昨日は、
久しぶりに1日中晴天でしたが、



今日は朝から、
今にも降りそうな曇り空。


思ったよりも
早く振り出しましたね。





しかし、
今日はこの天気を想定して、
水洗いの予定を入れていた
現場がありました。



昨日のような
久しぶりの晴天の日に、
水洗いをするのは
気が引けるというもの。



今日の天気は、
水洗いには、
最高の天気でした。




しかし、
作業する職人さんは大変!
ご苦労様でした!





水洗いをするときは、
足場を組んでから
最初の作業であることが多いので、



これから塗装工事をする前の
さまざまな確認を行ないます!



なんと、
今日は
屋根の瓦が割れているのを発見!


足場を組むときに、


下屋根(1階の屋根)
にも
足場を建てることがあります。





足場の荷重が原因で、
足場を組んだ後に、
割れてしまったようです。






幸い、
お客様が
瓦の予備を
何枚も取り置いてくれていたので、



足場を解体する際に、
差し替えることになり、
一安心です。




瓦が傷んでいると、
外壁塗装の時に、
割れてしまうことがあります。





お家を建てた時に、
瓦屋さんが
瓦を置いてくれていると、



今回のようなときに、
差し替えができますが、




どのお宅でも、
予備の瓦が
取り置いてあるとは限りません。




特に、
築年数が経っているお家だと、
同じ瓦がない
ということもあります。




瓦は、
形が違ったら、
差し替えることはできないので、



瓦問屋さんなどから
取り寄せたりして、
差し替えます。





その場合は、
色が少し違う
ということなどもあります。






そして、
このタイプの瓦。


セメント瓦
ですが、



今は作られていないので、





瓦を差し替えるために、
セメント瓦を探す
ということはできないのです。






まれに、
瓦問屋さんに
在庫されていることもありますが。


セメント瓦の在庫がない場合は、
強力な接着剤などで
接着して、


塗装する
という方法
しかありません。






もし、
予備の瓦がある場合は、


「邪魔だな~」
などと、
捨ててしまわずに



大切に保管しておいてくださいね。





役に立つときが
来るかもしれませんよ。



今すぐお電話をする