屋根を葺く(ふく)とは?

いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表の一級塗装技能士小口です。

屋根のカバー工法(重ね葺き)工事が順調に進んでいます。

防水シートとして、粘着式ルーフィングを貼り、
その上から、屋根材を葺いていきます。
「葺く(ふく)」とは言いますが、
この金属屋根をビスで取り付けています。

では、なぜ屋根は
「取り付ける」
ではなく、
「葺く(ふく)」
と、言うのか?

瓦屋根やスレート瓦、
金属屋根などでも、
屋根は「葺く(ふく)」と言いますが、
萱や葦などの草を寄せ合わせる
ということで、
屋根の上にクサ冠系のものを置いていたところからきているようです。

もうすこし詳しく調べてみたいですね。

ひとつひとつの作業にも
語源や意味があると思うと、興味深いものですね。

屋根工事の方はというと、
下から屋根材を葺き始めて、

徐々に形になってきています。

またご紹介しますね。

外壁塗装や屋根工事をお考えの方は、
アイビーリフォームまで、お気軽にご相談くださいね。

今すぐお電話をする