工事が始まってからの調査も大事です!

いつもありがとうございます。アイビーリフォーム代表の一級塗装技能士小口です。

外壁塗装や屋根塗装をする前に、
現地調査をしているのですが、
足場を組んで工事が始まってみると、
工事前には見ることができなかったところを見ることができます。

場合によっては追加工事になることもありますが、
足場を組んで工事をするということは、
頻繁には行わない工事です。

この際しっかりと点検をしてもらうことが
とっても大事なことなのです。

今回は、足場を組んでから発見できたのが、
屋根の谷がずれていたこと。

屋根の谷板金は、屋根に降った雨水が、
谷に集まり、雨どいに流れるようになっているのですが、
写真のように、谷板金が下にずれて、
雨どいよりも出っ張っている状態でした。

実験的に、屋根にホースで水をかけてみましたが、
谷板金に流れた水が雨どいには入らずに、
直接下に流れ落ちてしまっているのがわかります。

これでは谷の意味がないですね。
谷板金に流れた水が雨どいに入るように調整する必要があります。

こういったことも、足場を組んでからわかることもあるので、
「何かあったら教えてくださいね。」
と、職人さんに伝えておくことも大事です。

アイビーリフォームでは、工事前の調査はもちろんですが、
工事が始まってからも予定外の不具合がないかなどしっかりと調査をしています。

外壁塗装、屋根塗装をお考えの方は、お気軽にご相談くださいね。

今すぐお電話をする