工事前のご近所へのご挨拶はどうしてる?

いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表
一級塗装技能士の小口(おぐち)です。

段取り八分

という
格言があります。


仕事の事前準備の大切さ
を表す格言ですが、

事前にきちんとした段取りをしておけば、
仕事の8割方は完了したということです。



どんな業界でも
使われている格言
かもしれませんが、

職人の世界では、
よく聞く言葉です。



特に若い頃、
よく私は聞かされました。



実はこの格言、

仕事が始まる前にも
あてはまる格言
だったのです。






これから工事が始まる
という時に、
ご近所へご挨拶を行います。


工事が
いつ始まって、
いつごろ終わる予定なのか?

というお知らせですが、

アイビーリフォームでは、
お客様と一緒に、
案内文と
タオルを持って、
ご近所を回ります。



向こう3軒両隣
と、
いう言葉もありますが、

これから工事をするお家の両隣と、
お向かいのお宅3軒
は、
ご挨拶をします。



最近では、
密接している場合も多いので、
裏側の3軒も
ご挨拶に伺います。



工事をするお家を中心に、
合計8軒
は、最低でも、
ご挨拶に伺うのです。



塗装工事は
2週間〜3週間程度かかります。



ご近所へは少なからず
ご迷惑をお掛けすることになります。

工事中のお客様も
ストレスを感じますが、
やはり
ご近所様も同じ。

塗装工事は、
基本的には、
音がしない作業が多いですが、

一番最初の足場を組むときは、
カンカンカンと、
足場をたたく大きな音、


高圧洗浄機で
お家をまるごと洗う
エンジンの音、

そして、
一番最後に足場を解体するときも
カンカンカンと、
足場をたたく音

と、
最低でも3日間は、
大きな音のする工事を行います。


工事が始まれば、
お家の周りに
足場が組まれ、
メッシュシート
が張られると、


ご近所さんも
圧迫感を
感じるものです。





そんな工事が
挨拶もなく
突然始まっていたらどうでしょう?

あまり気分の良いものではないですよね。



だからこそ、
これからご迷惑をお掛けしますね

という
ご挨拶に、
伺うのです。




工事業者が
単独で挨拶をしておいてくれる
というケースもあるようですが、

アイビーリフォームでは、
特別な事情がない限り、
お客様と一緒に
ご近所を回ります。


知らない業者が突然来るよりも、
実際に工事をする
顔なじみのお客様が
来られたほうが、
気分も良いでしょう。



特にここ2~3年は、
コロナでご近所さんとも
なかなか顔を合わせられなかった
というケースもあるので、

工事のご挨拶に行ったら、
そのまま世間話に花が咲いてしまう
なんてこともありますが(笑)




どちらにしても、
やはり
直接工事をするお家の方が、
ご挨拶に来てるくれるというのは、
うれしいものだと思うのです。




地域性もあるので、
直接お客様が出向いても、
インターホン越しのみで、
玄関まで出て来られないケースもありますが、



それでも、
わざわざ工事をするお宅のご主人や奥様が
挨拶に来てくれた
というのは、
気持ちも伝わるのではないでしょうか。



工事中のご近所トラブルは避けたいもの。

もし、
トラブルが起きても、
私たち業者は、
工事が終われば、
それほど頻繁に伺うことはなくなりますが、


お客様は、
工事が終わった後も、
10年、20年と
ご近所づきあいが続くのです。



工事前の
ご挨拶をしなかったばかりに、
あとあと気まずいご近所づきあいは
避けたいものです。



そのためにも、

工事前のご挨拶を
一緒に行っていただくのが
良いと
私たちは思っています。


工事前のご近所へのご挨拶は、

外壁塗装
成功の秘訣の一つ

でもあるのです。

今すぐお電話をする