木の雰囲気をそのままで塗装するには?




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。




厚木の名店
と言われている

地元でも有名なイタリアンレストラン



常連さんも多く

20数年前の
オープン当時も

店舗装飾などを
行なってくれた常連さんも
いたようです。



今回は、
長い間大切にしている
店舗外装の飾り板の塗り替え。



こちらも
常連さんが
取り付けてくれたそうです。




プロの我々から見ると、
おかしな取り付け方だったりしますが、



さまざまなところに
常連さんの愛情を見るようで、



厚木の名店
と言われ、
長い間愛されてきたお店なんだなあと
改めて感じました。






無垢の一枚板ですが、
長い間、
外部で使用されていたので、
だいぶ傷んでいました。




木の木目を生かした
自然な雰囲気を出すには、



塗料で塗りつぶさないほうがいいのですが、
今回は、それができる状態ではないので、





しっかりと下地調整をして、
塗りました。




無垢の一枚板の
形はわかりますが、
木目などは消えてしまっています。




今回は、
傷み具合が進行していたことと、



これからも
外部で雨風にも耐えられるように、



耐候性を優先しましたが、




木目を残したい



木の雰囲気をそのままに、
自然な雰囲気を楽しみたい



そんな場合は、



浸透していくタイプの塗料を
選択することをお勧めします。




下の写真のような仕上がりになります。




こちらは、
濡れ縁ですが、
だいぶ傷んでいたため、



濡れ縁を新しく作り替え、
このように浸透タイプの塗料で
塗っています。



木は、特に、
その木自体の状態に左右されるので、




木の雰囲気をそのままにしたい


という場合は、
早め早めのメンテナンスが
必要です。



タイミングを逃さないよう、
日頃から、気にしてみてくださいね。





この木、
何を塗ったらいいのかな?


まだ、木の雰囲気を残せるかな?



そのような場合は、
アイビーリフォームまで
お気軽にご相談ください。


今すぐお電話をする