木製の戸袋のおすすめ修理事例!

いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表の一級塗装技能士小口です。

木製の戸袋の修理方法でご相談されることが多くあります。
厚木市内で築30年以上経っているお宅で、
戸袋が木製というお家は意外にも多いのです。

今日は、木製戸袋の修理の事例をご紹介しますね。

上の写真のような木製戸袋もあれば、
下のような戸袋もあります。

白い木製戸袋もあります。

木には木の良さがあるのですが、
やはり塗装が剥がれはじめると、
木であるがゆえにどんどんと痛んできます。

こうなると、何度塗り替えをしても、結構早く傷んできてしまうのです。

修理の方法としては、
サッシごと交換するという方法もありますが、
その場合は、外壁をカットして雨戸も戸袋も交換することになるので、
外壁のモルタル補修や塗装など、様々な補修が出てきて大掛かりになります。

そこで、お勧めなのが、
戸袋の木の枠は残して、内側の鏡板を金属製に交換するというもの。

雨戸を代用しているのですが、
きれいに納まります。

上は、枠を残して鏡板を外した写真ですが、
この場所に金属製の雨戸を入れます。

交換しなかった木製の枠は塗装をすればきれいになります。
この修理方法が、一番お勧めです。

こちらも交換して枠を塗装したら、新品のようです。

白い戸袋もきれいになりました。
木の枠を塗る前の写真ですが、この後しっかり塗装をすればきれいになるのです。

アイビーリフォームおすすめの戸袋修理方法のご紹介でした。

1階など、足場が必要ないところは、
戸袋の修理だけでもできますので、
お気軽にお問い合わせくださいね。

今すぐお電話をする