木製戸袋の最適な修理方法




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。







今日も、1日雨。
雨で気になるのが、
お家の傷んだ木の部分
です。




アルミサッシが普及した今では、
お家の雨戸や戸袋は
金属製がほとんどですが、




築30年ほどのお家の戸袋は、
木製のところもあるのです。


下の写真は
木製戸袋。


左側が、ルーバータイプ。
右側が、戸袋ベニヤです。

木製ルーバータイプ
戸袋用のベニヤ


どちらも
だいぶ傷んでいることがわかります。




塗装をすれば、
すべてがきれいになり、
長持ちする
というわけではありません。




塗装は、
塗装をする品物自体の
状態が非常に重要なのです。





下地がしっかりしていないと、
どれだけ良い塗料を使っても、




どれだけ丁寧に塗っても、




あまり持つことはありません。





そのため、
塗装で対応できない
という判断をした場合は、



交換をする
というご提案をしています。






戸袋の交換というと、
外壁もカットして、
雨戸も戸袋も枠ごと交換




という方法もありますが、




その方法だと
だいぶ大掛かりになり、
費用もかさんでしまいます。






そのため、
今回は、
戸袋の木の枠を残し、
内側の鏡板だけを
交換するという方法
で行ないます。






鏡板とは・・・

赤矢印のところが鏡板です
赤矢印のベニヤのところが鏡板です




劣化の進行していた
鏡板を取り外し、
金属製の鏡板を取付けます。




そして、
周りの木枠を塗装して
完成です。




とってもきれいになりました。
戸袋やサッシの枠ごと交換しなくても、




こんな方法もあるのです。





劣化した戸袋を
ただ塗るだけよりは、
少し費用はかかりますが、




サッシ枠ごと交換するよりは
だいぶ費用を抑えることもできます。




ご自宅の戸袋も
こういった方法で交換できるのかどうか



気になる方は、
お気軽にご相談ください。

今すぐお電話をする