築30年 屋根は塗装で大丈夫?




いつもありがとうございます。
アイビーリフォーム代表
一級塗装技能士の小口(おぐち)です。



屋根工事もできるの?

と、
聞かれることが増えてきたので、
屋根工事について、
お伝えします。




最近の一般住宅の屋根は
カラーベスト、コロニアルなどと呼ばれる
スレート瓦が多く使われています。




メンテナンス方法としては、
屋根塗装
が一般的です。




しかしながら、
屋根材であるスレート瓦にも
寿命があります。



そして、
屋根材の下にある
防水シート
にも寿命があるため、



屋根材が問題なく見えても、
その下の
防水シート劣化して、
穴が空いている
ということもあるのです。



下の写真は、屋根の下の防水シート劣化して裂けている状態(築35年程度)




防水シートに
穴が空いていると、
屋根材と防水シートの間に
入り込んだ雨水等
が、



防水シートの穴から
室内に入ってしまい

雨漏り

と、
いうことになる場合があります。





ちなみに、
下の写真は、築30年経過し、
屋根材は特に問題なく見えますが、
雨漏りをしてしまったお家の屋根です。



この屋根の下の天井には雨染みが。。。



防水シートに穴が空いていたものと思われます。



通常の雨では、
入り込むことはなかったようですが、
台風のとき、
吹き上げるような風で、
雨水が入り込んでしまったようです。




実は、
その台風の2年前に、
外壁塗装
屋根塗装
行なったお家でした。



屋根材の劣化や
ひび割れは、
目で確認することができますが、




防水シートなど、
屋根材に隠れたものは
目で直接見ることはできません。


しかし、
お家を建ててから、
20年、30年
経過すると、
確実に劣化が進行していくのです。




こちらのお家は、
台風で雨漏りしたので、



外壁塗装
屋根塗装
行なった2年後に、

屋根だけ
カバー工法(重ね葺き)
を行ないました。



屋根のカバー工法(重ね葺き)
とは、
文字通り、


古い屋根の上に、
新しい屋根を重ねるという
工事です。



古い屋根の上に、
新しい屋根を重ねる前に、
新しい防水シートを貼るので、






防水面でも
安心できるのです。






そして、
新しい屋根材を
取り付けていきます。



建てて30年近く経っているお家は、
屋根塗装
ご希望されていても、

古い屋根のリスクをお話した上で、
カバー工法(重ね葺き)
ご提案もしています。





最近では、
お客様の方から、
屋根は塗装で大丈夫ですか?

それとも、
カバー工法をしたほうがいいですか?

と、
聞かれることが多くなりました。





塗装しかできない塗装業者は、
屋根は塗装すれば大丈夫ですよ
と、
言いますが、
本当に大丈夫かどうか、
しっかりと確認する必要がありますね。




アイビーリフォームは、
外壁塗装屋根工事専門店です。




屋根のことも、
お気軽にご相談ください。








ドローンでの調査も
実施しています。





今すぐお電話をする