屋根工事・施工の流れ

 屋根が傷んできている場合、塗装工事よりも葺替え工事をしたほうが良いというケースもあります。まずは屋根の不安を感じたら、プロの屋根技術者の目でしっかりと診断をしてもらいましょう。

 アイビーリフォームでは、  
◎「屋根塗装工事」をしたほうが良いのか?  
◎「屋根の葺替え工事」をしたほうが良いのか?  
◎「部分補修工事」で大丈夫なのか?  
◎「まだ工事をしなくても大丈夫」なのか?

 など、 屋根の状態を正しく調査し、お客様の人生にとって最善の方法をご提案差し上げております。

屋根の葺替え工事になった場合には、以下のように工事を行います。

①まず、既存の瓦を撤去します。

 まずはこのように既存瓦を撤去いたします。近隣住民にご迷惑をおかけしないよう、土埃や大きな音などにも注意して作業をしていきます。

②次に、野地板を張り付けます。

 次に、野地板を張り付けます。野地板は屋根の骨組みに固定する板材ですが、その上には防水紙や屋根材を被せていく要所でもあるため、安定するようしっかりと固定します。

③さらに、防水シート(粘着式高耐久ルーフィングシート  )を張り付けます。

 その後、防水シートの張り付けをします。以前はアスファルトルーフィングを用いられることが多かったのですが、最近は粘着式のルーフィングを使用します。極力釘やビスの穴をあけないことが、雨漏り防止にもつながるのです。

④そして、新しい屋根材を設置します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aib02-1024x726.jpg
こちらはガルバリウム鋼板と天然石のハイブリッド屋根材

 このようにお選び頂いた屋根材を葺いていきます。一見簡単な作業のように見えますが、

◎屋根工事は、天気の影響を受けやすいこと
◎扱う屋根材にはある程度の重さがあり、さらに高所での作業でもあるため、危険が伴うこと
◎それぞれの屋根の形状や大きさに合わせた調整が必要であること


 これらの要因から、屋根の葺替え工事も、極めて高い専門性が求められますので、どうぞ、地元で数多くの施工実績を誇るアイビーリフォームへ安心してお任せください。

屋根材について知りたい方はこちら

今すぐお電話をする