外壁塗り替えで気になること ~木部編~




いつもありがとうございます。
神奈川県厚木市の
外壁塗装・屋根工事専門店
㈱アイビーリフォーム代表の小口(おぐち)です。



今日は1日中
いいお天気。


急に暑くなりましたね。




さて、
昨日は、
外壁塗り替えの時に気になる
木の濡れ縁
についてお伝えしましたが、





今日はその他の
木の部分について
お伝えします。




築30年以上経つお家では、
を使用されている箇所が
案外多いのです。




それでも
10年前や
20年前の
外壁塗り替えの時は、

塗り替えたので、


今回はだいぶ傷んでいるけど、
お家も古くなってきたし、


しっかり直さなくても、
前回みたいに塗ってもらえばいいかな

と、
思われている方が
多いのです。







しかし、
特に木の部分に関しては、

塗り替え
つまり
塗装をすれば
昔のように

きれいになって、
長持ちする


とは
限らないのです。




塗装は、
下地の傷み具合によって、
仕上りも左右されますが、



耐久年数(長持ちの度合い)
にも
影響してくるのです。




せっかく
塗ったのに、
1年もしないうちに
剥がれてきたりしたら
イヤですよね?




そこで、
傷んだ
木の破風
木の幕板(帯と言ったりもします)

最適なメンテナンス方法
について
お伝えします。



破風幕板(帯)は、
下の写真の
赤い矢印のところを指します。




板金でカバーをする
という方法ではなく、


交換をする
という方法も
ありますが、



屋根や、
モルタルの壁
に絡んでいることで、
大掛かりになることがあるので、




今回は、


板金でカバーする

をご紹介します。




まずは、
破風



だいぶ傷んでいるのが
わかりますね。



すっかり剥がれて、

が、完全に見えているところもあります。



この状態で
塗装をしても、


長くは持ちません。






板金でカバーすると、
このようになります。





新しくなったみたいで
とてもきれいですね。



費用は
塗装するよりは
高くなりますが、



塗装ですぐに剥がれてきて、
残念な気持ちになることを考えたら、


こちらのほうが
断然お勧めです。





次に、
幕板(帯)





こちらも
ところどころ剥がれて、

が見えているところがあります。



こちらも板金でカバーをすると、





このように
きれいになります。




傷んだ木の
破風幕板は、
板金でカバーすることを
強くお勧めします。




それでは最後に、

破風
幕板
ビフォーアフターです。

破風のビフォーアフター

ビフォー
アフター




幕板のビフォーアフター

ビフォー
アフター







我が家の破風と幕板

木なのかな?

塗装で大丈夫かな?

板金カバーやってもらったほうがいいのかな?



と、
お悩みの方は、




お気軽にご相談くださいね。



今すぐお電話をする